« 橿原久米郵便局 | トップページ | 9000系の転属・ワンマン改造 »

2009年6月 4日 (木)

近鉄名古屋線の3+3急行

名古屋線の急行は、通常名古屋方から2連+4連で運転されています。

例外として平田町直通の3連や、朝晩の4連単独もありますが、いずれも定期運用です。

名古屋線の4連は全てトイレ付きですが予備車が少なく、工場入場などで車両が不足すると大阪線所属のトイレ付き4連で代走となることがあります。

稀に名古屋線所属の3連で唯一トイレ付きの2000系XT07と、3連を繋いだ6連で代走することもあります(画像)。

Xt07_t07_exp_nakagawa_2

この3+3の編成では6連の代走はできるものの、6連→4連へ切り離しとなる運用には充当できず、使い勝手はあまり良くないと思います…。

ちなみに、3+3の定期急行は、平日朝のみ運転の6738列車(四日市7:23発名古屋ゆき急行)でも設定されていますが、画像のような宇治山田ゆきは代走でしか見られません。

※画像をクリックすると拡大します。

« 橿原久米郵便局 | トップページ | 9000系の転属・ワンマン改造 »

近鉄電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217696/29899859

この記事へのトラックバック一覧です: 近鉄名古屋線の3+3急行:

« 橿原久米郵便局 | トップページ | 9000系の転属・ワンマン改造 »