« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

5800系DH01帝塚山大学アートライナー

主に、近鉄奈良線・阪神なんば線などで運用されている5800系DH01(5801F)は、帝塚山大学のアートライナーです。

1両おきに白と水色のラッピングが施されています。

まずは、大阪難波・尼崎方からの画像です。

Dh01_tedukayama_tsuruhashi

白がベースのラッピングが先頭になります。

次に、奈良方からの画像です。

Dh01_tedukayama_gakuenmae_2009050_2

こちらの先頭車は水色ベースで、印象がだいぶ異なりますね。

ついでに、阪神なんば線開業以前は時々見られた8000系2連との併結運用の画像も紹介します。

E87_dh01tezukayama

帝塚山大学は、近鉄奈良線・学園前駅に隣接しており、駅名標にも括弧書きで「帝塚山学園前」と表記されているほか、車内放送でも「学園前、帝塚山学園前」と放送されています。

ちなみに、この帝塚山大学アートライナーは阪神なんば線にも入線していますが、尼崎以東での運用に限定されているようです。

※画像をクリックすると拡大します。

2009年8月29日 (土)

小田急電鉄・車内補充券

小田急電鉄・海老名車掌区の車内補充券です。

Photo_2 

今から10年くらい前に特急列車の車内で発券してもらったもので、「小田原からのJR線でも発券します」と言いながら巡回して来たので、JR線の最短区間で発券してもらいました。

関東のことなのでよく判りませんが、今でも車内補充券が存在するのでしょうか…。

※画像をクリックすると拡大します。

2009年8月27日 (木)

115系1000番台湘南色

JR西日本所属の115系1000番台湘南色は、先日D05編成がリニューアル工事を施工され出場したため消滅しました。

基本的に115系湘南色は、岡山電車区の所属でした。

4連のA編成は5年ほど前に3連改造と同時に消滅しています。

A11_20040314

最後まで湘南色を維持したのは3連のD編成でした。

D03_d_20040314

上の画像はD編成を2本つないだ6連です。

なお、300番台の編成では一部を除き引き続き湘南色のまま活躍しています。

※画像をクリックすると拡大します。

2009年8月25日 (火)

大阪しなの

主に名古屋~長野で運転されている特急しなの号ですが、9号・16号の1往復は大阪発着で運転されています。

画像は、新大阪駅W62発行、新大阪から木曽福島までの「しなの9号」の特急券です。

Shinano9_shinosaka

名古屋まではガラガラでしたが、意外にも岐阜で降りる人もそれなりに居ました。

やはり、新幹線の岐阜羽島駅から岐阜市街まで距離があるからでしょうか。

大阪発着の特急ひだも1往復運転されていますが、「しなの」が通過する草津と大垣にも停車します。

しなのは、現在全て383系で運転されています。

383

※画像をクリックすると拡大します。

2009年8月23日 (日)

万能倉駅・常備券

今年3月末で無人化された、福塩線・万能倉駅発行の金額式の常備券です。

180

当時は旧式のPOS端末がありましたが、短時間に捌くために需要の多い区間を中心に常備券を併用していたと思われます。

他にも福山往復の常備券などもあったようです。

※画像をクリックすると拡大します。

2009年8月21日 (金)

はかるくん

養老鉄道公式ホームページで告知されていますが、9月8日に電気検測車はかるくんが養老鉄道に入線する予定です。

主に標準軌線で活躍している「はかるくん」ですが、養老鉄道などに入線する際は狭軌用台車に履き替えて、TF25(クワ25)と他車の併結運転となります。

養老鉄道に入線する際は、610系D13と編成を組むことが基本?のようで、下の画像の昨年9月の運転でも同様でした。

Tf25d13_20080909

現在、養老鉄道で運用される車両は赤一色の塗装になっていますが、以前は現在の近鉄通勤車と同じ赤白ツートンカラーでしたので、下のような組み合わせでした。

D13_hakarukun

編成自体は先程の画像と全く同じですが、今となっては実現不可能な組み合わせです。

※画像をクリックすると拡大します。

2009年8月19日 (水)

JR→阪神連絡乗車券・大阪(梅田)接続

大阪環状線・野田駅W1発行、野田から大阪(梅田)経由 阪神電鉄・野田までの連絡乗車券です。

Photo

実際の駅名は「阪神」の付かない「野田」みたいですが、マルスの設定上では「阪神野田」となるようです。

まずは、JR野田駅みどりの窓口で阪神野田まで乗車券を依頼しましたが、予想通り?「発売できません」との回答が…。

近くに赤い表紙の連絡運輸範囲が掲載されている資料があったので、調べてもらうと「発売できるようです」ということで無事発券に至りました。

Ts3i0274

いつものように実際に使って来ましたが、阪神・梅田駅の有人改札では怪訝そうな顔をされつつも改札印を押してもらい無事に通過しました(笑)

たまたま先発だった、尼崎ゆき急行という運転区間が中途半端な列車に乗ると、すぐに野田に着きました。

Ts3i0277

JR野田駅と阪神・野田駅は少々離れていますが、徒歩10分ほどの位置関係にあります。

※画像をクリックすると拡大します。

2009年8月17日 (月)

クハ103-1

クハ103-1は森ノ宮電車区に所属していましたが、2年ほど前に日根野電車区へ転属しました。

Tc1031 

画像は森ノ宮区で活躍していた頃のもので、正面窓下に車番を表す「1」が表示されていました。

現在は、クハ103-2と編成を組んで阪和線で活躍しています。

※画像をクリックすると拡大します。

2009年8月15日 (土)

新幹線ウィークエンド回数券

何時の間にか発売が終わってしまいましたが、数年前まで新幹線ウィークエンド回数券という4枚綴りの回数券が販売されていました。

山陽新幹線の比較的短い距離の区間で設定されており、3か月間有効で土休日の「ひかり」「こだま」の自由席が利用できました。

Shinkansen_weekend

価格は区間によって異なりますが、姫路~岡山では4枚綴りで8880円で、1枚あたりの値段は2220円になります。

姫路~岡山を普通に乗車券と新幹線自由席特急券を買うと3130円(乗車券1450円+特急券1680円)なので、制約は多いですが1回あたり910円も安く利用することができました。

なお、平日のみ利用可能な新幹線オフピーク回数券という商品もありましたが、利用できる日数が多いからか価格設定は多少高めだったと記憶しています。

ちなみに、この切符の裏はこんな感じで、何故か端だけ黒いです。

Weekend_ura

この頃、一部の駅では券紙が緑から現在のタイプに変わった時期でしたが、この券は自動改札機には対応していませんでした。

近隣のMR12端末の駅では、券紙が変わってから裏が黒色で自動改札機対応になっていたので、発券機の関係なのでしょうか…。

※画像をクリックすると拡大します。

2009年8月13日 (木)

津駅・常備券

津駅は近鉄名古屋線・JR紀勢本線・伊勢鉄道が発着する駅ですが、改札内はつながっている共同使用駅です。

JR側の東口にはJR・近鉄双方の窓口と券売機がありますが、近鉄側の西口には窓口と券売機は近鉄のものしかありません。

西口からJR線に乗る時は、近鉄の窓口で乗車券を買うことになるのですが、JR東海では珍しい常備券が売られています。

570

切符の隅に穴を開けて棚に吊って置いてあるため、画像のように左隅に穴が開いている状態なのが少々残念ですが…。

また、伊勢鉄道の乗車券も同じ窓口で取り扱っていますが、こちらは金額式の硬券です(日付はゴム印)。

※画像をクリックすると拡大します。

2009年8月11日 (火)

10両編成の快速急行

関西私鉄では10両編成が最長編成で、近鉄・阪急・阪神(なんば線のみ)で運転されています。

近鉄・奈良線と阪神なんば線では、朝と夕方から夜にかけて10両編成の快速急行が土休日を含めて運転されています。

まずは、5800系+9020系+9020系の10両編成です。

Dh04_ee_ee_rapidexp_sannomiya

5800系はロングシートとクロスシートの切り替えができるL/Cカーで、基本的に平日昼間と土休日は終日クロスシートで運用されています。

次の画像は、1026系+1252系+9020系で特に特徴はありません…。

Vl27_ve_ee_rapidexp_sannomiya

相直対応車ばかり取り上げましたが、非対応の10両編成では色々な組み合わせが見られます。

最後に、おまけ?で阪神1000系の10両編成です。

Hanshin1000_10ren_gakuenmae_2009050

ちなみに10両編成で運転されるのは尼崎以東で、尼崎駅で連結解放が行われます。

※画像をクリックすると拡大します。

2009年8月 9日 (日)

JR→近鉄連絡乗車券・京都接続

JR京都線(東海道本線)・高槻駅W3発行、高槻から京都経由で近鉄奈良までの乗車券です。

Photo_2

高槻駅の券売機では近鉄連絡乗車券を発売していますが、鶴橋経由のみで京都経由は発売していなかったので窓口で購入しました。

窓口には新人っぽい係員と後ろに指導担当と思われる係員がおり、その際のやり取りを紹介します。

:「いらっしゃいませ。」

:「京都経由で近鉄奈良まで下さい。」

:「近鉄は鶴橋経由しかお出し出来ないんですが…。」

:「京都経由でも発売できる筈ですが…。」

:「少々お待ち下さい。」

  と言って、赤表紙の資料を調べてに行きました。

:「(確認できたようで)失礼致しました。発売できます。」

こんな感じで、マルス端末を操作して無事に発券できました。

この間、後ろに居た指導する係員は特にフォローすることもなかったのですが、非常に手際が良かったです。

近鉄京都駅では係員改札から入場しましたが、前に居た女性が天理教関係の乗車票を見せていたのが印象に残っています。

※画像をクリックすると拡大します。

2009年8月 7日 (金)

なら燈花会

なら燈花会は毎年8月上旬に奈良で行われるイベントで、今年は8月5日から14日まで開催されています。

今年はありませんでしたが、奈良電車区221系に燈花会をPRするヘッドマークが取り付けられた年もありました。

32

※画像をクリックすると拡大します。

2009年8月 5日 (水)

近鉄→JR連絡乗車券・鶴橋接続

近鉄・JRの連絡運輸は接続駅が多く、中でも鶴橋接続ではJR線の連絡範囲が非常に広く設定されています。

今回は、近鉄・松阪駅発行の松阪から岡山までの乗車券(松阪→鶴橋・近鉄線経由)を紹介します。

Photo

最初、窓口の係員氏は端末を操作しましたが発券できないようで、補充片道乗車券での発券となりました。

発券自体は手慣れた感じで、運賃表もありすぐに完成しました。

経由欄の「鶴・玉」というのが特徴的ですが、「鶴橋・玉造」の略かと思われます。

もちろん実際に使用しましたが、JR西日本では回収される補充券だったものの、回収されずに済んだので運が良かったのかもしれません…。

※画像をクリックすると拡大します。

2009年8月 3日 (月)

色違い

JR西日本所属の113系・115系で比較的車齢の若い車両では、内装が転換式クロスシートになるなどの大幅なリニューアルが実施されています。

このリニューアルに併せて車体の塗装も変更されていますが、地域によって少々色が異なっています。

茶系の微妙な塗装なのですが、広島支社では白ベースで裾にも茶色の帯が入っているのに対し、関西地区と岡山支社では薄い茶色ベースで少し暗い感じがする色です。

L03_oka115a02_niwase_nakasyo_200311

画像の前側4両が広島支社115系で後側4両が岡山支社115系です。

サイドからの画像もありますが、色の違いがはっきり判ると思います。

L14_oka115a_niwase_nakasyo_200311_2

※画像をクリックすると拡大します。

2009年8月 1日 (土)

JR東海・硬券入場券

詳細はよく判りませんが、JR東海では10年位前まで?硬券の入場券を販売している駅がありました。

Jr_2

既に硬券の乗車券は無かったと思われますが、入場券だけ置いていたようです。

全駅にあったかどうかは判りませんが、沼津のように比較的大きい駅にもあったようです。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »