« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月29日 (木)

JR→近鉄→JR通過連絡乗車券(2)

弁天町駅102発行、弁天町から近鉄線・鶴橋~松阪経由で紀勢本線・三瀬谷までの通過連絡となる乗車券です。

Pos

以前の記事で、マルス端末で発券した近鉄線通過連絡となる乗車券を紹介しましたが、今回の券はPOS端末で発券したものです。
弁天町駅のPOS端末は感熱印字の新型端末に置き換わったのは知っていましたが、この時初めて実際に購入しました。
経路は手動で入力しなければならないのですが、POS端末に近鉄線の運賃も収容されていてすぐに発券できました。

2日間有効で途中下車も可能ですが、近鉄線内では途中下車はできません。
他のマルス端末で発券した連絡乗車券と同じように、鶴橋駅の連絡改札口の自動改札機を通過できません。

三瀬谷駅で、いつものように乗車券を頂いたのですが、無効印+係員さんの認印を押されました。
無効印が押されるのは毎度のことですが、認印を押されたのは初めてでした。
なお、係員さんの認印の部分は画像を加工しています。

※画像をクリックすると拡大します。

2010年4月28日 (水)

今週の片平気象予報士(13)

今週のスーパーニュースアンカー・お天気ナビ担当の片平気象予報士は、4月19日(月)~23日(金)の一週間です。
駄洒落は火曜日だけでした。
駄洒落はありませんでしたが、番外編で金曜日も…。


・4月20日(火)
明日のポイントは、みんなまとめて。
貴重な晴れ。お洗濯も、お掃除も、布団干しも、みんなまとめてやっちゃいたいですよね。
一緒にしたいっしょ~。
Ts3i0633
スタジオ一同「うーん」といった表情でした。
Ts3i0634
山本アナ:先週後半が良かった…。
Ts3i0635


・4月23日(金)
駄洒落は無かったのですが、お天気ナビ冒頭で那智勝浦町の「シャガの花」が紹介されていました。
Ts3i0629
エンディングで、シャガの花を片平さんが見に行ったという話に…。
山本アナ:誰と行ったの?
片平さん:秘密です。
Ts3i0630
山本アナ:秘密か…(笑)
Ts3i0631
山本アナ:誰と?
Ts3i0632
片平さん:秘密です。
山本アナが、しつこく突っ込んでいました。
何となくですが、村西アナの表情が怪しかったのは気のせいでしょうか(笑)

※画像をクリックすると拡大します。

2010年4月26日 (月)

万葉トレイン

日根野電車区105系のうち和歌山線・桜井線で運用されている4編成には、万葉トレインとしてラッピングが施されています。
第1編成となった「旅万葉」は赤っぽい感じで派手な感じですが、第2・第3編成「万葉の四季」と第4編成「万葉の四季彩」は大人しい感じに仕上がっています。

万葉トレイン同士が連結された4連も時々見られ、下の画像は万葉の四季彩(第4編成)+万葉の四季(第3編成)です。

Manyotrain_4ren

次は上の画像の編成と同じ、「万葉の四季彩」と「万葉の四季」の並びです。

Manyonoshiki_manyonoshikisai_obitok

最後に「万葉の四季」単独編成です。

Manyotrain_manyonoshiki_obitoke

車内も装飾されていますが、乗ってしまえば普通の105系です(笑)
ちなみに、他の2編成はまだ撮影できていません。

※画像をクリックすると拡大します。

2010年4月24日 (土)

奈良万葉きっぷ

2010年4月~6月に奈良デスティネーションキャンペーンが開催されていますが、これにあわせて便利でお得な切符が発売されています。
JR西日本の関西地区を出発地とした「奈良万葉きっぷ」もその一つで、フリー区間までの往復とフリー区間が乗り降り自由となっています。

新大阪駅W63発行、奈良万葉きっぷ・ゆき券です。
自由周遊区間までは途中下車不可です。

Photo_3

かえり券(自由周遊区間乗り降り自由)です。

Photo_4

自由周遊区間は以下の区間です。
大和路線(関西本線)・三郷~奈良~平城山
和歌山線・王寺~大和二見
万葉まほろば線(桜井線)・奈良~高田
奈良県内の移動は近鉄が便利ですが、奈良~桜井などはJR利用の方が便利です。

案内券です。

Photo_5

奈良交通路線バス「奈良・西の京フリー乗車券」の割引券です。

Photo_6

最後に、アンケート券です。

Photo_7

新大阪発で1200円という価格設定ですが、普通に奈良まで往復するだけでも得だったりします。
ただ、利用当日の販売はなく前日までの購入という制限があります(5489サービスでの取り扱いあり)。
出発地は、神戸線エリア・宝塚線エリア・湖西琵琶湖線エリア・阪和線エリア・環状線エリア・嵯峨野線エリアがあります。
何故か、JR京都線(東海道本線)・東淀川~西大路やJR東西線からの設定や、環状線エリアでも天王寺からの設定はありません。
なお、発売は6月末までです。

※画像をクリックすると拡大します。

2010年4月23日 (金)

今週の片平気象予報士(12)

関西テレビ・スーパーニュースアンカー、お天気ナビ担当の片平敦気象予報士の一週間を振り返ります。
今回は、4月12日(月)~16日(金)の一週間です。
なお、駄洒落の無かった日は省略させて頂きます。


・4月13日(火)
明日のポイントは、分厚いインナーを。
明日はかなり寒くなりそう。
分厚いインナー、着た方がいいんなぁ
Ts3i0619
スタジオは微妙な雰囲気になりました。
山本アナ:ちょっとごめんなさいね…。
Ts3i0620
片平さん:こちらこそすいません…。


・4月14日(水)
明日のポイントは、寒い!
暖かい「おでん」がお勧めです。
食卓の真ん中に、おでんをデーン!!
Ts3i0621
山本アナ:おでんの「お」から始まったよね。
Ts3i0622
片平さん:駄目??


・4月15日(木)
明日のポイントは、お鍋が恋しい寒さ。
ちゃんこ鍋が、めちゃんこ うまい。
Ts3i0623
本日はスタジオ大絶賛でした。
Ts3i0624
かなり好評で片平さんはガッツポーズでした。
Ts3i0625
エンディングでも、山本アナに「ちゃんこ鍋が」と振られて、片平さんは「めちゃんこうまい」と返しましたが、山本アナに「何で二回目はもう一つなんですかね…」と言われてしまいました(笑)
Ts3i0626


・4月16日(金)
明日のポイントは、お出かけ日和。
春の味覚を探しに山へ行くのもお勧めですよ。
このホリデーは、たけのこ掘りで
Ts3i0627
二日連続でスタジオ大絶賛の駄洒落でした。
山本アナ:おーいいですね、二日連続ですよ。何か見つけましたね、コツを。
片平さん:見つけたかも。
Ts3i0628

この週は前半イマイチでしたが、木・金と駄洒落が絶好調でした。
コツを掴んだようなので、次の週も期待したいところです。

※画像をクリックすると拡大します。

2010年4月20日 (火)

JR→南海→JR通過連絡乗車券(2)

粉河駅001発行、和歌山線・粉河から南海電鉄線(橋本~新今宮)経由で新大阪までの通過連絡の乗車券です。

Photo

以前の記事でマルス端末発行の南海通過連絡券を紹介しましたが、今回はPOS端末で発行されたものです。
経由欄の「南海鉄線」はPOS端末独特の表記で、マルス端末では「南海線」と表記されます。
他にも京阪鉄線や阪急鉄線などの表記を見たことがありますが、○○電鉄線の略でしょうか?
ちなみに、マルスやPOSで発券された乗車券は南海の自動改札機に対応しておらず、新今宮駅では係員のいる通路を通る必要があります。

粉河駅など和歌山線の和歌山支社管内の駅のPOS端末は、昨年11月末に訪問した時には新型に置き換えられており感熱印字となっています。

※画像をクリックすると拡大します。

2010年4月19日 (月)

今週の片平気象予報士(11)

関西テレビ・スーパーニュースアンカーの「お天気ナビ」担当、片平敦気象予報士の一週間の駄洒落を振り返ります。
今回は、4月5日(月)~9日(金)の一週間分です。


・4月5日(月)
明日のポイントは、もっと暖かい。
混雑した電車内、ラッシュの時はもうフラフラっしゅ
Ts3i0608
村西アナ:あはは…(笑)。あれ私だけ?
山本アナ:あー、ちょっと駄目…。
Ts3i0609
片平さん:駄目か…。


・4月6日(火)
明日のポイントは、寒い!
山沿いの桜の開花も少し足踏みになりそうですね。
こんな寒さじゃ、まさかね、咲かね…。
Ts3i0610
山本アナ:え?どういうこと??わからなかった…。
Ts3i0611


・4月7日(水)
明日のポイントは、朝は氷点下も。
信じられないと疑わないで下さい。
僕の言うこと信用してたら安心よ~
Ts3i0612
山本アナ:あ、そっちか。絶対「氷点下」で来ると思っていました。
片平さん:びっくり仰天か(氷点下)。
Ts3i0613
一同:おーうまい!


・4月8日(木)
明日のポイントは、昼間は軽装で。
ポカポカ陽気、軽装でもオッケーそう
Ts3i0614
山本アナ&村西アナ:ちょっと固まってしまいました…。
Ts3i0615


・4月9日(金)
土日のポイントは、お出かけは土曜日に。
明日は晴れますが明後日は雨。
日曜のお出かけは、やめにちよう
Ts3i0616
一同大爆笑でした。
Ts3i0617
山本アナ:もちろん合格ですよね。
Ts3i0618

この週は、全ての日で駄洒落が披露されました。
不調な日もありましたが、金曜日は大爆笑で終わりました。

※画像をクリックすると拡大します。

2010年4月17日 (土)

近畿日本鉄道・特別急行券

今回は、近畿日本鉄道の特別急行券を紹介します。
現行端末と以前の端末では、券面の表示が異なるなど色々な特徴があります。

伊勢中川031発行、伊勢中川から鶴橋までの企画特別特急券です。

Photo_3

新春全線フリーパスの特別急行券200円割引券を使用して購入したので、「企画特別急行券」となっているのと「企特27」という表示がある以外は通常の特別急行券と同じです。
これは現行の端末で発券されたものですが、発行日時と発行箇所の文字の大きさが小さいです。

上本町133発行、大阪上本町から桑名までの企画特別急行券(津のりかえ)です。

Photo_4

現行の端末では乗り継ぎの場合でも85mm券で発券できるようになったのですが、発車時刻・号車・座席番号が小さくなり少し見にくくなりました。

ここからは、以前の端末の特別急行券になります。

松阪135発行、松阪から鶴橋までの特別急行券です。

Photo_5

現行の端末のものと比べると、違いはローマ字表記が無いことが一番の特徴でしょうか。

京都475発行、京都から松阪までの特別急行券(大和八木のりかえ)です。

Photo_6

120mm券となりますが、座席番号などは現行端末のような小さい文字ではなく、乗り継ぎ無しの特急券と同じ大きさです。

名古屋357発行、名古屋から難波までの特別急行券・デラックス券です。

Photo_7

こちらも横長の120mm券での発券となっていました。
現行の端末では特急券+デラックス券でも85mm券だと思いますが、最近はチケットレスサービスを利用しているため窓口で購入する機会が無いので不明です…。

何種類か紹介しましたが、券紙にもいくつか種類があるようです。
補充券のように大阪と名古屋で違うのではないかと思うのですが、詳しいことはわかりません…。

※画像をクリックすると拡大します。

2010年4月15日 (木)

出発合図はブザー式

3月下旬頃から、JR西日本の電車列車の出発合図が知らせ灯式からブザー式に変更されました。
ブザー式とは簡単に言えば、扉が完全に閉まった後に車掌がブザーを鳴らして発車の合図を運転士に送る方式です。
運転台の知らせ灯の下辺りに「ブザー確認」という表示が貼られたり、スタフの上の方に「出発合図はブザー式」と赤いハンコが押されているものも見受けられました。
また、「ブザー合図確認」という札を置いている運転士さんも見掛けました。
なお、気動車列車では元々ブザー式で、JR四国などでは以前から電車でもブザー式で各社異なる部分があります。
私鉄各社ではブザーは採用されていませんが、電鈴を2回鳴らして出発合図を送るのが一般的です。

ところで、車掌がJR西日本で運転士がJR東日本などの他社の運転士の場合(急行きたぐに・寝台特急サンライズ瀬戸出雲)もある訳ですが、このような場合はどうなるのでしょうか。
このようなパターンでもブザーが発車合図なのか、それとも従来通りの知らせ灯式なのか細かいところですが気になるところです…。

2010年4月13日 (火)

秋の関西1デイパス

「秋の関西1デイパス」は、2009年10月~11月に発売された関西地区のJR線などが1日乗り降り自由の乗車券です。
利用可能エリアに敦賀も入っていますが、敦賀まで新快速が走っているためでしょうか。

1

利用当日の購入も可能で、普通列車の他に特急券を購入すれば特急列車に乗車することもできました。
普通に通常運賃で往復するより割安だったので、この切符を購入して使って来ました。

案内券です。

1_2

「湖都・びわこチケット」・「堺・住吉チケット」の引換券で、どちらか一つに引き換えができます。
両方とも使うことが無かったので、手元に残っています…。

1_3

引換券のご案内1は「湖都・びわこチケット」の案内です。

11

引換券のご案内2は「堺・住吉チケット」の案内です。

12

最後に、アンケート券も付いていました。

1_4

秋の関西1デイパスの発売は終了しましたが、価格は2900円のままで「高野山チケット」・「京阪フリーチケット」のどちらかに引き換え出来る「冬の関西1デイパス」が発売されました。
こちらは2月28日までの発売でしたが、結局購入することなく終わってしまいました…。
なお、現在は春バージョンともいえる、春の関西1デイパスが発売されています。

※画像をクリックすると拡大します。

2010年4月11日 (日)

今週の片平気象予報士(10)

関西テレビ、スーパーニュースアンカー・お天気ナビ担当の片平敦気象予報士の駄洒落を振り返ります。
ちょっとサボっていたので、2週間分溜まってしまいました…。
今回は、3月29日(月)~4月2日(金)の一週間分ですが、駄洒落のあった日のみ紹介します。


・3月30日(火)
明日のポイントは、晩霜(ばんそう)に注意。
この時期、遅霜、晩霜に注意が必要な日があるんです。
今晩そう(こん晩霜)。
Ts3i0599
山本アナと村西アナは結構受けていました。
Ts3i0600
山本アナ:こういう短いフレーズに弱いんですかねぇ(笑)
Ts3i0601


・4月2日(金)
明日のポイントは、お花見は暖かい服で。
朝晩はまだ冷えそうなんです。
薄着だと、満開の下で我慢かい(が満開)。
Ts3i0604
スタジオはポカンとした感じになりました…。
村西アナ:なるほど…。
Ts3i0605
山本アナ:苦労の跡はあるんですけどね…。
片平さん:あれ…。
Ts3i0603

※画像をクリックすると拡大します。

2010年4月10日 (土)

満開の桜

養老鉄道・広神戸~東赤坂で撮影した620系D25です。

D25_hirogodo_higashiakasaka_2008040

この付近では線路沿いに桜の木が植えられており、4月初め頃には画像のように満開になります。
撮影したのは2008年4月ですが、今年はラビットカラーになった600系D06と桜の組み合わせも見られたようです。
今年は撮りに行けませんでしたが、来年の課題としたいと思います。

ちなみに620系D25は、養老線へ来る前に、近鉄南大阪線などで6020系として活躍していました。
なお、南大阪線・吉野線では桜のシーズンに、臨時の快速急行が運転されています。

※画像をクリックすると拡大します。

2010年4月 8日 (木)

JR→智頭急行→JR通過連絡乗車券

新大阪駅W20発行、さくら夙川から新大阪までの乗車券です。

Photo

上郡~智頭は智頭急行線を経由する通過連絡の乗車券です。
経由をわかりやすく書くと、東海道本線(神戸)山陽本線(上郡)智頭急行線(智頭)因美線(鳥取)山陰本線(福知山)福知山線(尼崎)JR東西線(放出)おおさか東線(久宝寺)関西本線(今宮)大阪環状線(大阪)東海道本線 となります。
「大阪環状線・西九条・東海」の部分は手書きとなりましたが最後は括弧で閉じてあり、好感が持てました。
右下に「西優5割65」と印字されていますが、西日本旅客鉄道株式会社の株主優待券を利用して購入したためで、運賃・料金は5割引(智頭急行線内を除く)となっています。

ところで、この乗車券をお願いした時に経路入力で経由を入力してもらったのですが、エラーが出て発券できませんでした。
窓口氏以外に別の係員氏も出て来て色々試していたのですが、よく見えなかったものの補正禁止操作で無理やり上と同じ乗車券を発券して落ち着き掛けました。
しかしながら「これは無理やり出したので、駄目みたいでして…」ということになり、「最長で(環)福島までなら発券可能」ということで、夜も遅かったこともあり受け取って帰りました。

Photo_2

発券されたのが↑の切符なんですが、何となく納得できなかったので色々あった結果、最初の新大阪までと同じ乗車券と交換して頂くことができました。
こんな面倒な乗車券を発券し、その後も対応して頂き非常に感謝しております。

システムのことはよく判らないのですが、どの辺りに原因があったのでしょうか?
何となくですが、大阪市内を一旦通過して再び大阪市内へ戻り大阪駅を通過する辺りが怪しいような気がしますが…。

※画像をクリックすると拡大します。

2010年4月 6日 (火)

特急まほろば号

奈良デスティネーションキャンペーンに伴い、4月~6月の土曜休日と4月1日に臨時特急まほろば号が運転されています。
運転区間は新大阪~奈良を一往復で、日根野電車区381系国鉄色6両編成が使用されています。
途中の停車駅は、天王寺・王寺・法隆寺です。

4月3日に奈良へ行ったので、早速帰りに乗車してきました。

B

Photo_3乗車して暫くすると、記念乗車証が配布されました。
まほろば号のヘッドマークと運転区間、せんとくんなどがデザインされたものです。

王寺を出発すると、普通列車の続行での運転となり、柏原まではノロノロ運転でしたが、桜が満開の河内堅上駅付近では徐行サービスもあり、車内放送での案内もありました。
柏原と平野で普通列車を追い越して特急らしくなりましたが、やっぱり環状線内はノロノロ運転でした…。

乗り換えなしで新大阪と奈良を結ぶ列車は定期列車ではなく、山陽新幹線沿線から観光客を呼び寄せる効果はあるかもしれません。

記念乗車証の裏側です。

Photo_4

法隆寺駅の発車案内表示です。

Ts3i0591

ホームには、まほろば号の乗車位置も表示されています。

Ts3i0588_2

なお、奈良電車区103系・201系・221系の一部には「せんとくん」などがデザインされたヘッドマークが取り付けられています。

Ts3i0585

※画像をクリックすると拡大します。

2010年4月 4日 (日)

伊豆箱根鉄道・車内補充券

伊豆箱根鉄道・大場車掌区乗務員発行、三島から大阪市内までの乗車券です。

Photo_3

伊豆箱根鉄道・三島までの乗車券を提示して、大阪市内までの乗車券を依頼したらJR線単独の乗車券として発行されました。
東京から大阪まで広範囲を網羅していて、特急踊り子号のB特急券にも対応しています。
現在の伊豆箱根鉄道・駿豆線(三島~修善寺)はワンマン化されており、車掌乗務列車は東京から直通の特急踊り子号くらいではないかと思われます。
伊豆箱根鉄道の車内補充券は今回紹介したもの以外に、「社内切符」という自社線内のみに対応したものもありますが、こちらも機会があれば紹介したいと思います。

なお、大阪駅の特別下車印が押されていますが、これに関してのツッコミは無しでお願いします(笑)

※画像をクリックすると拡大します。

2010年4月 1日 (木)

JR→信楽高原鉄道連絡乗車券・貴生川接続

新大阪駅W63発行、京都から貴生川接続で信楽高原鉄道・信楽までの連絡乗車券です。
他駅発となる京都からの乗車券ですが、京都までの昼間特割きっぷを提示して売ってもらいました。

Photo

発券は極めてスムーズで、経路自動案内で経路選択して発券という感じでした。
経由欄には「信楽高原鉄道」と省略されることなく印字されていて、何となく好感が持てました(笑)
乗り継ぎとなる草津線の列車まで時間があったので、京都で一度下車してこの乗車券で入場し直しています。

信楽駅は信楽高原鉄道の終着駅で、JR線との連絡運輸はこの駅のみで他の中間駅は連絡運輸の対象外です。
ご存知の方も多いかと思いますが、信楽高原鉄道はJR信楽線から転換された第三セクターの鉄道です。

※画像をクリックすると拡大します。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »