« 出発合図はブザー式 | トップページ | 今週の片平気象予報士(11) »

2010年4月17日 (土)

近畿日本鉄道・特別急行券

今回は、近畿日本鉄道の特別急行券を紹介します。
現行端末と以前の端末では、券面の表示が異なるなど色々な特徴があります。

伊勢中川031発行、伊勢中川から鶴橋までの企画特別特急券です。

Photo_3

新春全線フリーパスの特別急行券200円割引券を使用して購入したので、「企画特別急行券」となっているのと「企特27」という表示がある以外は通常の特別急行券と同じです。
これは現行の端末で発券されたものですが、発行日時と発行箇所の文字の大きさが小さいです。

上本町133発行、大阪上本町から桑名までの企画特別急行券(津のりかえ)です。

Photo_4

現行の端末では乗り継ぎの場合でも85mm券で発券できるようになったのですが、発車時刻・号車・座席番号が小さくなり少し見にくくなりました。

ここからは、以前の端末の特別急行券になります。

松阪135発行、松阪から鶴橋までの特別急行券です。

Photo_5

現行の端末のものと比べると、違いはローマ字表記が無いことが一番の特徴でしょうか。

京都475発行、京都から松阪までの特別急行券(大和八木のりかえ)です。

Photo_6

120mm券となりますが、座席番号などは現行端末のような小さい文字ではなく、乗り継ぎ無しの特急券と同じ大きさです。

名古屋357発行、名古屋から難波までの特別急行券・デラックス券です。

Photo_7

こちらも横長の120mm券での発券となっていました。
現行の端末では特急券+デラックス券でも85mm券だと思いますが、最近はチケットレスサービスを利用しているため窓口で購入する機会が無いので不明です…。

何種類か紹介しましたが、券紙にもいくつか種類があるようです。
補充券のように大阪と名古屋で違うのではないかと思うのですが、詳しいことはわかりません…。

※画像をクリックすると拡大します。

« 出発合図はブザー式 | トップページ | 今週の片平気象予報士(11) »

特急券」カテゴリの記事

私鉄端末券」カテゴリの記事

コメント

はじめてコメントいたします。
広島在住ながら近鉄特急は何度か利用し、会員登録も行っています。利用頻度も低く特急券もほしいのでチケットレスは利用しません。旧様式といわれている券ですが、券売機では現役のようです。4月17日に生駒駅の券売機コーナーの券売機で予約した券を引き取りましたが、同じ様式でした。去年夏大阪難波から名古屋までデラックス車を利用したときも券売機で120mm券が出ました。

乗車日は4月10日の誤りです。17日は今日ですので普通なら本日と記載しますね。
失礼しました。

・うえっちさん
こちらこそ、はじめまして。
補足ありがとうございます。
改札外にある特急券・定期券の券売機では、旧端末と同じ様式の券だったのを忘れていました(汗)
ちなみに、私の場合はポイント目当てでチケットレス利用です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217696/33000035

この記事へのトラックバック一覧です: 近畿日本鉄道・特別急行券:

« 出発合図はブザー式 | トップページ | 今週の片平気象予報士(11) »