« 近鉄→JR連絡乗車券・名古屋接続(2) | トップページ | 東武鉄道の簡易委託駅 »

2010年8月 8日 (日)

周遊きっぷ・南紀ゾーン

JRグループでは、「周遊きっぷ」という少々ややこしい商品を発売しています。
全国31の周遊ゾーンが指定されている「ゾーン券」に、ゆき券・かえり券をセットにしたものですが、出発駅からゾーン券の最初の入口(または出口)まで201km以上することが必要です。
発売から10年以上経ちますが、周遊ゾーンの見直しが時々行われているようで、どちらかといえば縮小傾向のようです。
最近では使用する機会がありませんが、学生時代に少々お世話になったことがあるので、その時の券を紹介したいと思います。
当時は自動改札機非対応で緑地紋120mm券で発券されましたが、現在では自動改札機対応のようですので、券面のレイアウト等は異なるかとは思います。

東岡山駅M発行、岡山から和歌山までの周遊きっぷ・ゆき券です。
学割を使用したので「周学30」と表記されています。

Photo

周遊きっぷ「南紀ゾーン」のゾーン券です。
ゾーン券には学割は適用されません。

Photo_2
当時の南紀ゾーンは和歌山線・和歌山~五条、きのくに線(紀勢本線)・和歌山市~紀伊田辺なども周遊ゾーンでしたが、今では紀伊田辺以南に縮小されてしまいました。
途中下車印やスタンパーだらけで、凄いことになっていますね…(汗)
豪快に特急を乗り回したので、十分元は取れています。

和歌山から岡山までの周遊きっぷ・かえり券です。

Photo_3

ゆき券と全く同じ経路ですが、違う経路でも発売可能です。

周遊きっぷは良く売れるとは思えないのですが、非常にスムーズに購入できました。
古い端末でしたし、当時は発券操作までは観察していなかったので、どんな操作なのかは?です…。

※画像をクリックすると拡大します。

« 近鉄→JR連絡乗車券・名古屋接続(2) | トップページ | 東武鉄道の簡易委託駅 »

マルス券・POS券」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。私の方からもトラックバックさせていただきましたm(_._)m

磁気化される前は通常の特急券・指定券も120mm券で発券されていましたが、特企券や周遊きっぷ等についても同様だったのでしょうかね?

・無人快速さん
周遊きっぷについては、この南紀ゾーンを購入したことしかありませんが、ゆき券・かえり券は85mm券かと思っていたので意外でした。
磁気化前の周遊きっぷは120mm券だったのではないかと思います。

余談ですが、平成11年頃には発行駅周辺の岡山・倉敷といった大きい駅にはMR12型端末が導入されており、磁気券となっていました。
中国地方では、小さい駅を中心に旧型のマルス端末が遅くまで残っていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217696/36070424

この記事へのトラックバック一覧です: 周遊きっぷ・南紀ゾーン:

» JR各社:周遊きっぷ・南紀ゾーン(ゆき券) [無人快速怪人マクハリ行]
西国分寺から紀伊田辺までの周遊きっぷゆき券です。 この周遊きっぷ、最初は西国分寺 [続きを読む]

« 近鉄→JR連絡乗車券・名古屋接続(2) | トップページ | 東武鉄道の簡易委託駅 »