« 今週の片平気象予報士(26) | トップページ | 株主優待割引適用の特急券 »

2010年9月 5日 (日)

JR→南海連絡乗車券・和歌山市接続(2)

南海電気鉄道・○和 南海線列車区乗務員発行、JR紀勢本線・紀和から和歌山市接続で南海線・難波までの連絡乗車券です。

Photo

紀和駅は無人駅、更に和歌山市駅は改札内で乗り換えで乗車券を購入できないため、南海線の車内にて車掌氏から購入したものです。
南海の車掌氏は車内補充券を携帯していますが、現在は発売することは殆ど無く、また着駅で精算するように言われることもあります。
また、釣り銭を持ち合わせていないようなので注意が必要かと思われます。
そんな経緯もあり期待していませんでしたが、紀和駅の事情を知っている車掌氏のようで、簡単に発券してもらうことができました。

南海の車内補充券は昔ながらの穴をあける入鋏式です。
右上辺りの「連」の欄に穴があけられていますが、これは連絡乗車券のことかと思われます。
南海線乗務員発行というだけあって、駅名は南海線と支線が網羅されていて、高野線は必要最小限の駅だけになっています。

※画像をクリックすると拡大します。

« 今週の片平気象予報士(26) | トップページ | 株主優待割引適用の特急券 »

補充券・常備券」カテゴリの記事

連絡乗車券」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、虎の子南海です。
関西の大手私鉄で、入鋏式車内補充券を使っているのは南海だけになってしまったように思われます。南海本線系統の入鋏式車内補充券は、高野線系統よりも、変化が激しくバラィティーで楽しい物です。私も一時期南海本線の入鋏式車内補充券を変化があるたびに購入しました。最近のものでは水軒駅が無くなり翌日からは新券に変わりその後に徳島港が入りました。
また、この入鋏式車内補充券は現在は、スルット関西のプリペイドカードが普及してあまり使われなくなりましたね。今回、貴殿が車掌氏から購入した補充券は、紀和駅の事情に詳しい方だったとお察しいたします。
また、余談ですが、パッセンジャーアテンダント(女性乗務員)が持っていた車内補充券は、特急券のみが変更になり現在はレシートタイプの味も素っ気も無い物に変わり入鋏式補充券は、ますます出番が無くなって行くものと思われますね。
「連」とは、連絡券のことで、この券、記事欄に「発駅、紀和駅」と記入されていないミス券ですね。

・虎の子南海さん
コメントありがとうございます。
手持ちの車内補充券はこれと高野線用ですが、実使用で購入したのはこれだけです。
今回紹介した券は、特急サザンの車内で若い車掌氏から購入しました。
南海の車内補充券は、車内で精算等をお願いすると駅に誘導されることが多いのですが、「記念に…」などとお願いすると発券してもらえることが多いようですね。
お願いすると「記念ですか?」なんて聞かれたこともあるくらいです。

座席指定車と特急の車急式の券がレシート券になったとは知りませんでした。
あまり特急に飛び乗る機会が無かったので手持ちは殆ど無いです(笑)

おはようございます。虎の子南海です。
急なことですみません。
最近よく、これとは関係のない卑猥(ひわい)で抽象的な書き込みがたまにあるようですが、即座に削除することが必要です。気を付けて下さい。
他の鉄道ブログにもこのようなことがあり管理者の方も困っておられるようです。
お互い楽しく気持ちよく鉄道趣味を楽しみましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217696/36003947

この記事へのトラックバック一覧です: JR→南海連絡乗車券・和歌山市接続(2):

« 今週の片平気象予報士(26) | トップページ | 株主優待割引適用の特急券 »