« 日本旅行Tis新大阪支店の券売機 | トップページ | 今週の片平気象予報士(36) »

2010年11月12日 (金)

JR→近鉄連絡乗車券・津接続

(関)亀山駅MR発行、亀山から津接続で近鉄名古屋線・津新町までの連絡乗車券です。

Photo

この駅のマルスのワンタッチには、津新町までの乗車券が登録されていました。
ちなみに、私の前に窓口に来た人は、近鉄の大阪難波までの乗車券を買おうとしましたが、連絡範囲外ということで伊勢中川まで買っていました…。
津接続の近鉄線連絡乗車券は、三重県内の限られた駅までしか購入できないことを、窓口の係員氏も説明していました。

津新町駅は、津駅から一駅でJR紀勢本線も並行して走っていますが、こちらに駅はありません。
津・津新町の両駅とも、市内中心部までは少々離れています。

ところで、発行箇所が「(関)亀山駅」となっていますが、以前他に亀山という駅があったためのようです。
二十年以上前に廃止された路線の駅ですので、今では「(関)」は必要無いのですが、MR32型になった現在でもそのままとなっています。

※画像をクリックすると拡大します。

« 日本旅行Tis新大阪支店の券売機 | トップページ | 今週の片平気象予報士(36) »

マルス券・POS券」カテゴリの記事

連絡乗車券」カテゴリの記事

コメント

亀山駅ですが、以前入場券を購入した際に駅名には線名省略がないのに、発行箇所には線名省略がある事に疑問を感じていましたが、過去に存在していた名残からだったのですね。

同様の例として、大阪環状線大正駅も駅名には線名省略はないのですが、マルスの発行箇所には
(環)大正駅W1
環)大正駅MV31
と線名省略が入っている例があります。

逆のパターンとして、JR京都線山崎駅は駅名に線名省略が入るのですが、マルスの発行箇所には
山崎駅W1
となり、線名省略が入らない例もあります。

・薬師谷/長尾西口さん
駅名の線名省略は必ずといっても良いほど付くようですが、そうでもない駅もあるみたいです。
あまり区別する必要が無さそうな駅ですが…。
発行箇所については厳密に表記していないようですが、線名省略の文字が入ることが多いように思います。
和歌山線・橋本駅も「橋本駅@1」で「(和)」はありませんでした。

かつて播但線の飾磨港線に亀山がありましたが、現在は廃止になっていまので、そのままにしているのでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217696/37292117

この記事へのトラックバック一覧です: JR→近鉄連絡乗車券・津接続:

« 日本旅行Tis新大阪支店の券売機 | トップページ | 今週の片平気象予報士(36) »