« 今週の片平気象予報士(39) | トップページ | 冠着駅の料金補充券 »

2010年12月 5日 (日)

225系デビュー

2010年12月1日より、JR西日本225系電車が運用開始しました。
今のところ、琵琶湖・JR京都・JR神戸線(東海道・山陽本線)用0番台と、阪和線用5000番台の二種類が運用されています。
0番台は223系と共通運用ですが、5000番台は221系などの運用を置き換えたようです。
たまたま天王寺で225系5000番台を見掛けたので、先回りして撮影して来ました。

Hine225_5002f_20101205

車内には321系と同様の液晶モニターが付いています。
321系と同じように2台並んで設置されており、左側が停車駅などの案内で、右側はCMが流れるようになっているようです。

24bit01

偶然にも0番台に乗車しましたが、乗り心地は223系より良いです。
「テレビが付いてるから新型や」という声が聞こえたりして、一般の乗客の方も新車ということに気付いていたようです。

※一部、12月15日追記しました。

« 今週の片平気象予報士(39) | トップページ | 冠着駅の料金補充券 »

JR西日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217696/37966737

この記事へのトラックバック一覧です: 225系デビュー:

« 今週の片平気象予報士(39) | トップページ | 冠着駅の料金補充券 »