« 原券 EX-IC | トップページ | 今週の片平気象予報士(44) »

2011年1月10日 (月)

普通の乗車券ですが…

西予約セU104発行、大阪市内から東京都区内までの乗車券です。

Photo

普通の乗車券なんですが、9月28日から有効の乗車券に、前日である9月27日の大阪天満宮駅のチケッターが押されています。
この乗車券は、5489サービスで9月28日の大阪発のサンライズ出雲の特急券・寝台券と同時に購入しました。
購入時点では28日に大阪駅から入場する予定だったんですが、都合により27日の23時半過ぎに大阪天満宮駅から入場することになりました。
窓口は23時で終了してしまっており、改札口で係員氏に申し出ると「今日はどちらまで行かれますか?」と尋ねられたので、今夜のサンライズに乗ることを伝えると何処かへ電話していました。
電話が終わると「このままどうぞ」とチケッターを押されて入場することになりました。
無事に入場出来ましたし私に不利益は無いのですが、このままでは「9月28日から4日間有効」というのはそのままです。
手っ取り早い方法として、「9月28日」の部分を二重線で消して駅名小印を押印し、「9月27日」と書き加え訂正するのが自然な気がしますが、実際のところはどうなんでしょう?

東京ゆきサンライズ出雲号の大阪発車時刻は0:34です。
実は、5489サービスで購入した時にオペレーターから「駅に入場するのは日付が変わってからですか?」と尋ねられました。
気を利かせて確認してくれたんですが、念のため27日からの乗車券を購入しておけば良かったですね…。

« 原券 EX-IC | トップページ | 今週の片平気象予報士(44) »

マルス券・POS券」カテゴリの記事

小ネタ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。いつも拝見させて頂いております。
自分も同様のことが[東]東京駅でありました(このときは翌日からの乗車券であることを自分が失念していたまま乗車)が、お書きのとおりの扱い(二重線抹消+駅名小印で訂正、記入)でした。

・nさん
はじめまして。
今では窓口で有効開始日変更をお願いすると、新たに発券するのが当たり前になりましたが、以前は二重線抹消+駅名小印押印+記入も普通にありました。
自動改札機に対応するためでしょうけど、今回のようなケースでは窓口も閉まっていても改札で十分対応できたのではないかと思います。
旅客にとって不利なことは全くないので、構わないんですけどね…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217696/38288463

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の乗車券ですが…:

« 原券 EX-IC | トップページ | 今週の片平気象予報士(44) »