« 今週の片平気象予報士(72) | トップページ | 熊野古道ホリデー »

2011年10月27日 (木)

改札機の印字

吹田駅W1発行、吹田から厚狭までの乗車券です。

12

新大阪駅の在来線の新型自動改札機で途中下車したので、「吹田」の「田」の辺りに水色で新大阪の印字があります。
その後、新幹線の新大阪駅入場と広島駅途中下車の印字がありますが、通常より一行分ほど右側に印字されました。
新大阪駅途中下車の印字のためだと思いますが、詳しいことはわかりません。

広島で途中下車した後、翌日に新幹線自動改札機で広島駅へ入場していますが、この印字はありません(印字はありませんが改札機は通れました)。
恐らく、在来線改札機での途中下車と新幹線改札機の印字は、併せて3回までしか行わないと思われます。
機会があれば、他のパターンも検証してみようと思います。

« 今週の片平気象予報士(72) | トップページ | 熊野古道ホリデー »

マルス券・POS券」カテゴリの記事

コメント

新幹線自動改札機印字の件、いろいろ試したことがあります。自分なりに得られた結論としては、3行までということではなく、ちょうど印字フォントの大きさから3行分で印字しないような判定になっているだけで、直前の駅の印字位置が極端に端っこの方だったり間隔が詰まっていたりすると、4行印字される場合もあります。これまで2回遭遇しました。もちろん、この記事のように最初の印字が中程によってしまうと2行で終わってしまう場合もあります。

1点だけ確認できていないのは在来線のカウントと新幹線のカウントを通算しているかどうかです。

・根津千駄木さん
新幹線改札機では4行印字されることもあるんですか…。
在来線+新幹線や在来線のみは色々試したことがあるんですが、新幹線のみはあまりありません。
東北・上越新幹線が絡むとどうなるかとか、色々課題は多いです。

お久しぶりです。
廿日市から福山まで乗車したとき、五日市・横川・広島と3回途中下車してそのあと新幹線に乗車しましたが、そのときは新幹線の入場印字は全くされませんでした。在来線の途中下車印字も3回目になると続きではなく、券の左側から差し込んだときに右寄りに印字されるので、少なくとも西日本の在来線が関係する場合についてはあわせて3回の制限はあると思われます。

・うえっちさん
私も在来線3回途中下車後に新幹線改札機で入場したことがありますが、このときも入場印字はされませんでした。
東海道・山陽新幹線の改札機は、JR西日本の新型自動改札機の途中下車印字を認識しているようです。
ちなみに、在来線での途中下車3回の印字は↓のような感じでした。
http://tetsudobucho.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/3-673f.html

こんばんは。

仕事の出張で亀岡から新富士へ向かう際、
以前は何も知らずに亀岡-京都間の嵯峨野線の切符と会社から渡された京都-新富士間の新幹線の切符を使ってました。
しかし、新幹線の切符をよく見ると、『京都』ではなく『京都市域』となっています。
それからは、亀岡-保津峡(京都市)の切符を買うだけで京都駅の新幹線改札を通れるとわかりました。(汗)
帰りは、保津峡-亀岡間の料金不足分を精算するだけで亀岡駅の改札から出られるのですが、
さっきまで立派だった新幹線の切符が、料金の差額を取られた上に、ショボい出場券に変わってしまうのが最初はすごいショックでしたね。(苦笑)

・マサヤンさん
京都市内などの乗車券があれば、市内の入口の駅まで別に買えば利用できますね。
知らない人は損をしてしまいますが、券売機付近に掲示がある駅も多いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217696/42711784

この記事へのトラックバック一覧です: 改札機の印字:

« 今週の片平気象予報士(72) | トップページ | 熊野古道ホリデー »