« 今週の片平気象予報士(85) | トップページ | 金光臨 »

2012年2月23日 (木)

南海→JR連絡乗車券・和歌山市接続

南海電鉄・難波駅発行、難波から和歌山市接続でJR御坊までの連絡乗車券です。

Photo_2

普通に端末を操作して発券できたのですが、キロ程が100kmを超えていて「乗車日共2日間有効」にも関わらず「下車前途無効」の印字がありました。
途中下車できないのは南海線内だけだと思うので、正しくは「南海線下車前途無効」だと思うのですが…。

実際にJR線で途中下車をしましたが、某駅では券面を見て「途中下車はできません」と言われてしまいました。
こちらも説明すると、「今回は…」と言いながら途中下車印を捺されずに出場できました。
元はと言えば、誤解を生むような表記が原因なので、「下車前途無効」の表記を改めて欲しいものです。

« 今週の片平気象予報士(85) | トップページ | 金光臨 »

私鉄端末券」カテゴリの記事

連絡乗車券」カテゴリの記事

コメント

点検しなければDOこんばんは、虎の子南海です。
難波ー御坊のJR乗車券ですが、近距離の連絡乗車券では途中下車ができないのは解りますが、すべての駅に端末が導入されてからは、遠距離の乗車券に関しては、このような「2日間有効下車前途無効」などと表示されていれば誤解をまねいてしまいますね。つい最近まであった硬券補充券の裏面を見てみると「南海線内下車前途無効」と書かれており旧JNR(現、JR内)下車は途中OKと事になりますよね。全駅の端末プログラムを改修しなければならないですよね。やはり「2日間有効、下車前途無効表示」は、誤解をまねく恐れもあるので早急端末をに改修すべきではないのでしょうか?

・虎の子南海さん
時々JR区間が100kmを超えないと途中下車できないと言われることがありますが、ここまでハッキリ「下車前途無効」と記載されると困ってしまいます。
私鉄の端末は奥が深いというか、盲点みたいなものもあるんですね…。

ところで、JR線での南海連絡乗車券の発売範囲は広いのですが、南海側では発売できる区間を限定している可能性があります。
良く判りませんが、何らかの制限があるのかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217696/44192049

この記事へのトラックバック一覧です: 南海→JR連絡乗車券・和歌山市接続:

« 今週の片平気象予報士(85) | トップページ | 金光臨 »