« 三原から三原までの乗車券 | トップページ | 上毛電鉄→東武鉄道連絡乗車券・赤城接続 »

2013年12月 6日 (金)

芦原橋→相生の乗車券

タイトルの通り、芦原橋→相生の乗車券を3種類紹介します。

天王寺駅MV31発行、芦原橋から相生までの在来線経由の乗車券です。

Img_20131130_0001

経由は、大阪環状線外回り(西九条経由)~東海道本線~山陽本線です。
営業キロは100kmを超えていますが、大阪近郊区間完結のため当日限り有効・下車前途無効です。

新大阪駅F63発行、芦原橋から相生までの新幹線経由の乗車券です。

Img_20131130_0002

経由は、大阪環状線外回り(西九条経由)~東海道本線~新大阪~新幹線です。
新大阪~西明石を新幹線経由にすることにより近郊区間を外れて、2日間有効で途中下車可能になりますが、運賃は実際の乗車経路で計算するため近郊区間完結の1890円より上の2210円となります。
ちなみに、在来線経由で新大阪を経由しない乗車券でも、新大阪から新幹線に乗車することは可能です(もちろん途中下車はできません)。
なお、この新大阪・新幹線経由の乗車券は、みどりの券売機では発券できませんでしたが、大阪以遠(天満または福島方面)と西明石以遠(大久保方面)の各駅の相互間(東海道本線及び山陽本線経由と新幹線経由)が適用されるため、営業キロが短い東海道本線~山陽本線経由で発券されるものと思われます。
ここまでは、普通の内容だったと思います。

天王寺車掌区発行、芦原橋から相生までの新幹線経由の乗車券です。

Img_20131130_0003

新幹線経由にも関わらず、2番目に紹介した2210円ではなく1890円となっています。
経由は、大阪環状線外回り(西九条経由)~新幹線で、大阪~新大阪の「東海道線」と「新大阪」の印字がありません。
経由欄を見ると、西九条から新幹線に乗るように思えてしまいますが、もちろんそんなことはありません。
それにしても、この乗車券は新幹線経由で2日間有効にも関わらず1890円ということは、どういう規則に基づき運賃計算をしていいるのでしょうか?
恐らく車内補充券発行機でしか発券できないと思いますが、何か特別なこと?があるのでしょうか?
この乗車券には経由に新大阪が含まれていないことも何か関係がありそうです。

« 三原から三原までの乗車券 | トップページ | 上毛電鉄→東武鉄道連絡乗車券・赤城接続 »

マルス券・POS券」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見させていただいています。有難うございます。三番目の車内補充券発行機の乗車券で「西九条から新幹線に乗るように思える」との鉄道部長様のご指摘ですが、JR東海のサイトで旅客営業規則157条33号の略路線図を見ますと、新幹線経由を大阪で大阪環状線から分岐する様に描かれてますので、乗客から京橋経由の指図は無かったので、そう発券したの意の記号としてはわかりやすいです。新大阪駅発行との同じ新幹線経由での運賃の違いは、旅客営業規程145条2項で三ノ宮、元町、神戸、新長田を新幹線利用では新神戸の接続駅にしているので、新幹線新大阪ー西明石間を新大阪F63発行券の様に在来線の別線とするのではなく、同一の線路とみなした解釈で車内補充券発行機では発券しているのではないでしょうか。

私は「分岐駅を通過する列車に乗車する場合の特例」に「大阪から新大阪」が含まれているため、車補の乗車券はこれを適用して発券したのだと推測しました。これなら有効期間2日(大都市近郊区間外を含む)かつ1890円になるのもうなずけます。
経由に「新大阪」が表示されないのは、新大阪で途中下車できないことを明示するためでしょう(経由に新大阪と表示すると新大阪で途中下車できると勘違いされる。山科~京都の場合で京都が表示されなかったり金山~名古屋の場合で名古屋が表示されないのと同じ理屈です)。

一方、マルス券(上から2枚目)は特例を適用せずに乗車経路通りに発券したため、大阪~新大阪の営業キロも含めて運賃計算されて2210円となったと思われます。

旅客営業規則16条の2第2項4号で新大阪ー西明石間は別の線路として取り扱いするとされているので、新幹線経由を選択すると新大阪経由で大阪から相生まで営業キロ通算運賃の筈ですね、新大阪駅F63発行の通りに。旅客営業規則157条33号には、乗車券の券面に表示された経路以外の区間内では途中下車の取り扱いをしないとありますので、字句通りに解釈すると、券面に新幹線が標記されている以上、新大阪と(特定特急券を分けて買う等すれば)新神戸では途中下車出来るが、逆に、西明石に至るまでの在来線上では途中下車不可だと思います。

こんにちは。
管理人様や皆さんのご見解はよいとして、となると車補発行の内容の券もマルス端末で発行可能でなければ道理がおかしいことになりますが、補正禁止等で発行可能なのでしょうか。

JR東海旅客営業規則88条で、新大阪又は大阪と姫路以遠各駅相互間は、姫路経由の場合に限り大阪を起点又は終点とした営業キロで計算とありますので、旅客営業規則157条33号大阪以遠各駅と西明石以遠各駅相互間での在来線と新幹線の選択乗車の分岐の大阪駅を規則88条の起点又は終点と同じにみなす様に解釈したのが\1890車補なのではないかという気がしてきました。新大阪ー西明石間は別の線路として取り扱いなので、旅客営業規程151条の大阪・新大阪間の左方の駅は山陽新幹線とは取り扱えず、別途乗車にはならないのでその車補で新大阪でやはり途中下車可ではないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217696/54106696

この記事へのトラックバック一覧です: 芦原橋→相生の乗車券:

« 三原から三原までの乗車券 | トップページ | 上毛電鉄→東武鉄道連絡乗車券・赤城接続 »