« 2014年1月 | トップページ

2015年8月

2015年8月 9日 (日)

和歌山市から加太への乗車券

桜ノ宮駅W1発行、和歌山市から加太までの片道乗車券です。

Img_20140115_0003

和歌山市と加太といえば、南海の和歌山市駅と加太(かだ)駅を連想しますが、今回の着駅は関西本線の加太(かぶと)駅です。
ご存知の方も多いかと思いますが、和歌山市駅は南海が管理する駅でチケッターも南海のものです。

単純に和歌山市と加太の乗車券では南海電鉄線を乗ることはありませんが、今回は橋本~新今宮は南海高野線経由の通過連絡の乗車券にしてみました。
経路をわかりやすく書くと、紀勢本線~和歌山~和歌山線~(和)橋本~南海高野線~岸里玉出~南海電鉄線~新今宮~関西本線~天王寺~大阪環状線内回り~京橋~片町線~放出~おおさか東線~久宝寺~関西本線~木津~奈良線~京都~東海道本線~草津~草津線~柘植~関西本線です。
経路入力で橋本~新今宮を南海高野線経由で入力する時、岸里玉出のところでつまづくことが多いのですが、赤字のように入力すれば解決します。

最後の柘植~加太で特改で車掌が乗務していたら、亀山鉄道部のチケッターを押して貰いたかったのですが券面の通りの結果になりました。
いくつかの駅で途中下車をしていますが、周りの駅が同一規格?のシャチハタを使っているにも関わらず、天王寺と奈良はゴム印を使い続けていました。

2015年8月 5日 (水)

JR→京阪連絡乗車券・京橋接続(3)

かなり間があいてしましたが、久し振りに更新します。
今後、定期的に更新できるか分かりませんが、よろしくお願いします。

天満駅W1発行、天満から京橋接続で京阪淀屋橋までの連絡乗車券です。

Img_20131114_0008

券売機でも発売されている区間ですが、窓口でダメ元で頼んでみるとワンタッチに登録されていてすぐに発券されました。

JR線・京阪電鉄線ともに初乗り区間で、乗継割引が適用され運賃は270円から20円引きの250円です。
この乗車券は「金額入力-自・社区間」で発券されており、JR線区間の運賃は自動的に計算されますが、京阪線の運賃・営業キロは手入力となります。
この発券画面では京阪線の運賃は130円と入力されていましたが、どうやら京阪線のみ割引になるのは誤りのようです。
しかしながら「金額入力-自・社区間」の入力では、JR線部分は経路入力により自動計算されてしまうため、社線運賃を帳尻合わせして250円にしています。
この帳尻合わせは時々見掛けますが、片方から一方的に20円引きしてしまうので、あまりよろしく無いかと思います。
もっとも窓口で発売する需要は皆無でしょうから、特に影響は無いのかもしれません…。

« 2014年1月 | トップページ