使用済印(乗車記念)

2012年9月12日 (水)

しなの鉄道→JR連絡乗車券・篠ノ井接続(3)

しなの鉄道・軽井沢401発行、軽井沢から篠ノ井接続でJR篠ノ井線・明科までの連絡乗車券です。

Photo_4

両社のキロ程を合算すると100キロを超える為、2日間有効となり途中下車が可能な乗車券です。
この乗車券でしなの鉄道でも途中下車が可能ということで、社線内のいくつかの駅で途中下車してきました。
すんなり途中下車できるかと思いきや、最初の某駅で「途中下車できません」と言われてしまったのですが、ちゃんと電話で確認して途中下車可能とお墨付きを頂きました(笑)
小諸ではすんなり途中下車できて大き目の途中下車印を捺されています。
結果的には予定の駅で途中下車できましたが、あまり無いケースということで一部の係員氏には制度自体が認知されていないように思われました。
JR線内の聖高原でも途中下車しましたが、「しなの鉄道からの連絡で2日間有効なんてあるんだね」と感心?されていました。

最後に明科駅の使用済印です。

Photo_5

長野支社お得意の使用済印ですが、明科駅はアヤメが描かれています。

2012年8月10日 (金)

品川駅の使用済印

西EX予約028発行、名古屋から東京までの新幹線特急券です。

Photo

のぞみ298号は名古屋始発の東京ゆき「のぞみ」始発列車です。
ちなみに、津からでも近鉄利用で乗り継ぐことが可能です。

Photo_2

品川駅の乗り換え改札口で特急券の持ち帰りを希望すると、N700系の使用済印を押されました。
新大阪駅の使用済印にあるような大阪城などの名所?はなく、N700系に特化したデザインでした。

2011年8月 7日 (日)

塩尻駅の使用済印

新大阪駅W17発行、名古屋から塩尻までの「しなの1号」特急券(乗継)です。

1

塩尻駅の改札口で、特急券を記念に持って帰りたいとお願いすると、長野支社でお馴染みの使用済印が捺されました。
使用済印の部分を拡大します。

Photo_3

ワインの郷とありますが、塩尻はワインが有名だそうで、ワイン用の葡萄の生産量は長野県で一位みたいです。
また、塩尻駅ホームにも小さいながらも葡萄畑があったと思います。

ちなみに、別の日に塩尻駅で使用済印を捺してもらったことがありますが、同じデザインでインクは赤でした。
ひょっとしたら色違いで2つ用意されているのかもしれません。

2011年2月 6日 (日)

リゾートビューふるさと&穂高駅の使用済印

リゾートビューふるさとは、長野~松本~南小谷で運転されている快速列車です。
2両編成のハイブリッド気動車が使用されていて、全席指定となっています。

Resort_view_furusato_inariyama_obas

編成の前部と後部には展望室がありますが、この場所はフリースペースとなっています。
2010年秋の信州ディスティネーションキャンペーンと同時に運転が始まり、観光列車といった位置づけのようです。
スイッチバックの姨捨駅では記念撮影タイムもありました。

桃山駅発行、リゾートビューふるさと号の座席指定券です。

Photo

マルス発券でも良かったんですが、京都方面へ出向くことがあったので桃山駅で仕込んで来ました。
京都市内で指定券発行の機会も多いようで、電話で座席確保→補充券作成とあっという間に済みました。

リゾートビューふるさとに乗務する車掌氏は専用のチケッターを所持しているとのことで、わざわざ押して貰いました。

Photo_3

長野運輸区と松本運輸区と両方ありますが、この列車では車内改札は省略されているため、頼まないと押して貰うことはできないようです。
なお、車掌氏は松本駅で交代していました。

最後に穂高駅の使用済印です。

Photo_4

わさびと道祖神がデザインされています。
この辺りは、わさびの産地のようですね。

3種類もスタンプをゲットできましたが、補充券のため券面に余裕があり結果的には良かったと思います(笑)

2010年12月26日 (日)

風っこ八ヶ岳高原号

11月13日(土)・14(日)の二日間、小海線・小淵沢~中込で快速「風っこ八ヶ岳高原号」が両日一往復ずつ運転されました。

Ts3i0878

この列車には、キハ48をトロッコ風に改造した「びゅうコースター風っこ」が使用されました。
JR東日本各地へ出張しているようですが、乗ったのは今回が初めてです。

Dd1611_kazekko_irekae_kobuchizawa_2

小海線では急勾配が続くため、DD16型機関車が牽引しての運転となりました。
上の画像は、小淵沢駅での入れ替えの時のものです。

Dd1611_kazekko_yatsugatakekougen_20

風っこの窓ガラスは取り外し可能になっていますが、さすがに今回は窓ガラスをはめ込んでの運転でした。
車内の座席は木製で雰囲気は良いのですが、長時間の乗車には向いていません…。

Ts3i0882

小淵沢を出発すると、上り勾配が続きます。
車内放送では、DD16型機関車の説明やJR最高地点の案内など行われていましたが、結構噛みまくりでした(笑)

乗車記念のポストカードの配布もありましたが、二日間運転されたにも関わらず日付が乗った日のものになっており、二日分別に用意したようです。

Photo_2

指定席券は突然思い立って一か月前の夜に確保しましたが、この時点ではガラガラだったようで余裕で確保できました。
車内改札は無かったのですが、チケッターを押してもらうと「小海線営業所」のものでした。

Photo_3

最後に中込駅の使用済印の部分を拡大します。

Photo_4

中込駅では、改札口で駅係員氏が使用済印を持っており、特に申し出なくても乗客の指定席券に使用済印を押して渡していました。
内山峡とは、佐久市にある峡谷のことのようですが、色々な形をした岩があるとのことです。

2010年12月18日 (土)

今井駅の使用済印

屋代401発行、しなの鉄道・屋代から篠ノ井接続で今井までの連絡乗車券です。

Photo

券売機でも買えるの区間の乗車券ですが、この券の真ん中に押されている使用済印が目的だったので、窓口で発券して貰いました。
結果的には、左に90度回転した状態で押されてしまいましたが…。
使用済印の部分を拡大すると、こんな感じです。

Photo_3

駅周辺には特に名物とか無いのか、絵柄は今井駅の駅舎でした(笑)
他の駅に合わせて無理やり作った感じがしなくもないですが、これはこれでアリだと思います。

2010年10月19日 (火)

松本駅の使用済印

新大阪駅MV62発行の名古屋から松本までの、しなの9号の特急券です。

9

松本到着後に改札口で使用済印を押して貰いました。
使用済印の部分を拡大してみます。

Photo_2

インクは赤色で、松本城がデザインされています。
松本といえば松本城ですので、ピッタリのデザインですね(笑)

※画像をクリックすると拡大します。

2009年9月 6日 (日)

しなの鉄道端末券・篠ノ井駅の使用済印

しなの鉄道・小諸駅の窓口端末発行の、小諸から篠ノ井までの乗車券です。

Photo

経由欄はありませんが、JR東日本のPOS端末と似たような様式です。

篠ノ井駅で持ち帰りをお願いしたら、綺麗な使用済印を押されたので、使用済印の部分を拡大します。

Photo_2

駅に設置されている雪ん子像が描かれていて、好感のもてるデザインです。

長野支社では、このような使用済印を設置している駅が多いようで、各駅で集めたくなってしまいます(笑)

※乗車券のみ画像をクリックすると拡大します。

2009年7月12日 (日)

長野駅の使用済印

大阪市内から長野までの往復乗車券(ゆき券)です。

Osaka_nagano_joshaken

切符の持ち帰りを希望したところ、善光寺がデザインされた乗車記念の使用済印を押されました。

使用済印の部分だけ拡大します。

Nagano_joshakinen_kakudai_3 

他の駅でも同じようなものが用意されているのでしょうか。

2009年5月31日 (日)

(海)新大阪駅の使用済印

JR東海・新大阪駅の使用済印です。

N700系新幹線とお城(大阪城?)のイラストが入っています。

02  

 03_2

※上側の画像はクリックすると拡大します。

この切符の持ち帰りを希望した時は、画像のように使用済印+パンチ穴で渡されましたが、無効印の時もあったり、パンチ穴だけの時もあったりして、その時次第といったところでしょうか…。