小ネタ

2013年4月21日 (日)

マルス端末発行の領収書

高井田駅W1発行の領収書です。

Photo

他社の状況はよくわからないのですが、JR西日本のマルス端末では領収書の発行が可能で、みどりの券売機などと同様のものです。
基本的には発券操作を行った後に領収書のボタンが出て来るようですが、後から券番などを手入力で発行することも可能なようです。
また、宛名を入力して印字することも可能ですが、入力できるのはカタカナのみ?のようで普通は使わないと思われます。
今回は恥を忍んでお願いして、「テツドウブチョウ」と印字したものを発行してもらいました。

なお、250円の乗車券類とは連絡運輸に関わるものですが、何かと面倒なものです。
結果として無事に発券できましたが、変なお願いにお付き合い頂いた係員氏にはお礼申し上げます。

2012年9月14日 (金)

JR西日本・新大阪駅にMR52導入

JR西日本・新大阪駅の改札外の窓口(東口5窓・トラベルコーナー1窓)では、熱転写印字のマルス端末MR12Wが使用されていましたが、9月初めになって全て感熱印字のMR52に置き換えられました。
新大阪駅F62発行の普通入場券です。

F62

MR12Wの頃はW62の窓口だったので、どの窓口もW→Fに発行箇所が変わったものだと思われます。
9月7日の朝に窓口へ行ったのですが、発券する時の音が静かになっていて変化に気付きました。
また、マルスの位置も変更になっておりカウンター側に置かれているので、購入する側からマルスの画面は見えなくなっています。

余談ですが、新幹線乗り換え口にある窓口も改装され、カウンター式になっています。
こちらはMR32のままだと思いますが、かなり近くへ行かないとマルス自体が見えないので未確認です。

JR西日本・新大阪駅の窓口は、熱転写のMR12Wが残っていたので色々な切符を買いました。
このブログでも色々と紹介させて頂きましたが、これからは利用頻度が大幅に減りそうです…。

2012年6月25日 (月)

最終

大阪市営地下鉄四つ橋線・本町駅の発車案内板です。

Photo

最終列車の場合は、行き先の横に赤字で「最終」と表示されます。
御堂筋線や谷町線などでも見たことがあるので、各線で表示されるものと思われます。
なお、最終列車の接近放送の頭に流れるメロディは、他の列車とは異なるものになります。

2012年4月11日 (水)

養老鉄道・美濃高田駅無人化

養老鉄道・美濃高田駅は、2012年1月21日から無人化されました。
岐阜県養老町の中心部の駅ですが、昼間は乗降が少ないのが無人化の要因なのでしょうか?

Photo_9

無人化に伴い1月10日頃から、台紙付きの入場券が発売されました。
入場券は通常発売されているものですが、日付は有人最終日となる1月20日のものに限りダッチングマシーンで入れて貰えました。
もちろん、購入した日付でも買えましたが、日付は通常通りゴム印で対応していました。

無人化された美濃高田駅ですが、当分の間は朝晩に係員が配置されており、車内補充券により乗車券の発売が行われているようです。
通常の乗車券類の発売は1月20日までということで、入場券以外に補充片道乗車券・補充往復乗車券も購入しました。

無人化を控えた1月15日に訪問しましたが、乗車票(乗車駅証明書)発行機は設置済みで、無人化が近いと実感しました。
待合室は近鉄時代から冷暖房完備でしたが、無人化後はどうなってしまったのでしょうか…。

2012年1月30日 (月)

車内ガイド放送

昨年末頃から、大阪市営地下鉄の車内放送の一部駅にて「やよい軒」のCM放送が流れています。
期間限定で2月末までの放送だそうです。

大広メディアックスという会社がこれらのCM放送を扱っているようで、この会社のホームページには各駅の利用状況表というものが掲載されています。
正式には「車内ガイド放送」と呼ばれているそうで、放送料金は駅によって異なり一番高いのは御堂筋線・梅田駅で一か月102万円とか…。
スポンサーの所在地は原則駅出入口から半径300メートル以内で、恵美須町や松屋町など一部駅を除いて同業種の同時放送ができないなどの条件があるようです。
利用状況表を見ていると、「まいこんのこうはら」とか「アイシティ」などは、あちこちの駅で放送されていることがわかります。

2011年12月18日 (日)

新大阪駅中央きっぷうりば

本日(2011年12月18日)より、新大阪駅中央みどりの窓口が仮設の場所から移転しました。
移転と同時に営業形態が変更され、中央みどりの窓口は全てJR東海の管轄になりました。
また、窓口の数が変わり以前はJR西日本4・JR東海6でしたが、12か所に増えています。

中央きっぷうりば内にはエクスプレス券売機MV35が4台設置されていますが、感熱印字のものになっています。
新大阪駅MV804発行の新大阪駅入場券です。

01

中央口付近の窓口が全てJR東海管轄になったのに伴い、新たにJR西日本トラベルコーナーが設置されています。
ここには窓口にマルス1台と、みどりの受取機MV40が3台設置されています。
地下鉄新大阪駅前の2台と、中央入口付近にあった1台が移設されてきたようです。
窓口のマルスはMR12Wですが、発券して貰う機会が無いので発行箇所は不明です。

Ts3i1351

窓口の営業時間は9:00~20:00までで、JR西日本株主優待・駅プラン・在来線トクトクきっぷ・ICOCAなどで、要はJR東海で扱えない商品のみ取り扱うようです。
なお、トラベルコーナー内の受取機は5:30~23:00の営業です。

ちなみに東口みどりの窓口は先日移転していますが、窓口の配置が変わっただけです。
発行箇所表記も以前と変わっていません。
なお、旧中央みどりの窓口内にあったMV30は移設されたようで、東口のみどりの券売機が増設されていました。

2011年8月15日 (月)

途中下車3回

鶴橋駅W2発行、鶴橋から三日月までの乗車券です。

Photo_6

鶴橋駅W2の窓口は、鶴橋駅の近鉄→JR乗換改札口(内回り側)にある窓口です。

ところで、JR西日本・京阪神地区の自動改札機が新型への更新が徐々に進んでいます。
新型の改札機は途中下車に対応しており、途中下車した駅名が印字されますが、駅名の周りが駅名小印のような四角に囲まれたものになります。
今回途中下車したのは玉造・桜ノ宮・大阪ですが、7月12日時点で玉造は無人の改札口、大阪駅は連絡橋口のみ新型改札機でした。
途中下車印?部分を拡大してみます。

Photo_7

ちなみに、乗車券を表にして左側から改札機に投入しました。
重ならないように印字されているようですが、一番右の大阪駅だけ妙に右に寄っています。
なお、自動改札機による途中下車は3回までのようで、更に新幹線を利用すると新幹線自動改札機の入出場印字もカウントされるようです。
この辺りは更に検証してみたいと思います。

2011年8月 4日 (木)

8月は、やよい軒?

5月~6月と、大阪市営地下鉄で「CoCo壱番屋」のCMが車内放送で流れていましたが、8月に入ってから「やよい軒」のCM放送が流れるようになりました。
やよい軒とは、チェーン店の定食屋です。
今月になってからは御堂筋線の一部区間しか利用していませんが、西中島南方・中津の放送の際に流れていたので、他線でも流れているのではないかと思われます。
放送の内容は、「○号出口が最寄りの、ごはん処やよい軒△△店へお越しの方は、次でお降り下さい。」というものです。

大阪市営地下鉄の放送ネタで、節電に関する車内放送も自動放送になりました。
駅構内で流れる自動放送は既に対応していましたが…。

あと、車内の電光掲示板で「PiTaPa」とならなければならないところが「PaTaPa」になっていました(笑)
確か通学定期券値下げの案内と一緒に流れるもので、そのうち修正されると思いますが、パタパって…。

2011年6月 5日 (日)

ココイチの車内放送

大阪に住んでる方はご存知かと思いますが、5月頃から大阪市営地下鉄の車内放送でカレーハウスCoCo壱番屋の宣伝が流れています。
具体的には、次の駅名が流れた後に「○号出口が最寄りの、カレーハウスCoCo壱番屋△△区□□店へお越しの方は次でお降り下さい。」という内容です。
御堂筋線では、西中島南方・梅田・大国町で流れていたと思います。
路線にもよるのですが、同じような放送が結構な頻度で流れることも多いので気になっている人も多いのではないでしょうか?
地下鉄に乗ってカレーを食べに行く人は居ないような気がしますが、何か印象に残るので宣伝効果はあると思います。


<追記>
7月に入ってからは、ココイチの放送が流れなくなりました。
御堂筋線以外は未確認ですが、契約が6月までだったのかもしれません。

2011年6月 2日 (木)

りんくうタウン駅の改札機

りんくうタウン駅は南海電鉄の管理駅ですが、JR西日本と改札内は中間改札等は無く改札口も共用となっています。
ちゃんとJR仕様の途中下車印もあったります。

自動改札機はJR・南海の利用に対応していますが、ICカードは少し事情が異なるようです。

Ts3i1044

改札機は南海仕様のもので、PiTaPaとICOCAには対応しているものの、SuicaとTOICAには対応していないようです。

南海仕様の自動改札機のICカード読み取り部分には、使用できるカードと使用できないカードがイラスト付きで表記されています。

Ts3i1045

床にはPiTaPaとICOCA利用者を誘導する表示があります。

Ts3i1041

JR線のみ使用可能なSuicaとTOICAは専用改札機が一台設置されています。
南海の自動改札機では対応できないのでしょうか…。

Ts3i1042

ICカード読み取り部分には「Suicaをタッチして下さい」という文字とSuicaのイラストが光っています。
この表示は関西では他で見ることができないと思います。

Ts3i1043_3

床には専用改札機の表示があります。

Ts3i1040

Suica・TOICA専用改札機は、切符の投入口が塞がれています。

より以前の記事一覧