特急券

2013年12月10日 (火)

上毛電鉄→東武鉄道連絡乗車券・赤城接続

上毛電気鉄道・中央前橋駅発行、中央前橋から赤城接続で東武鉄道・とうきょうスカイツリーまでの連絡乗車券です。

Img_20131114_0006

補充片道乗車券での発行ですが、接続駅の赤城は予め印刷されていて東武鉄道連絡乗車券専用のようです。
当初は浅草まで購入しようと思ったのですが、窓口に「とうきょうスカイツリー」のゴム印があったので、こちらを購入しました。
「○急」のゴム印が捺されていますが、特別急行券との同時購入を表すものでしょうか?

ちなみに、他のサイト等で上毛~東武連絡乗車券の画像を見ますと、100kmを超える区間では2日間有効になっていますが、私が購入した時は当日限り有効でした。
規則が変更になって100kmを超えても当日限り有効に改められたのかもしれません。

続いて、中央前橋駅で乗車券と一緒に購入した、東武鉄道りょうもう24号の特急券です。

Img_20131114_0007

中央前橋駅には東武鉄道の端末は無いので、電話で座席を確保した上で硬券の特急券に必要事項が記入されます。
ちなみに、この特急券の裏面には「東武鉄道・赤城駅発行」と記載されています。

2013年4月27日 (土)

松本駅精算所発行の自由席特急券

松本○改発行の松本から大阪までの自由席特急券です。

Photo_3

補充券で発券されていますが、松本駅改札内にある精算所で購入しました。
改札外の窓口を案内されたのですが、ここで発行したものが欲しいと申し出ると慣れた手つきで補充券を書いてもらえました。
切り離しの際に下の方が破れてしまっていますが…笑。

大阪までの自由席特急券ということで、1日1本のみの大阪ゆき特急しなの16号に乗車しました。
名古屋までは殆どの席が埋まっていましたが、名古屋で大量下車した後はガラガラで快適でした。

2013年4月24日 (水)

自由席特急券からB自由席特急券へ

2013年3月16日より、関西空港線の特急料金がA特急料金からB特急料金に変更になりました。
当たり前のことですが、マルスも変更に対応しており3月16日乗車分からはB特急料金が適用されています。

(環)福島駅W1発行、3月15日の天王寺から関西空港までの自由席特急券です。
自由席特急券で発売され、発売額は730円です。

Photo_2

弁天町駅W1発行、3月16日の天王寺から関西空港までのB自由席特急券です。
B自由席特急券となり、実質100円値下げとなる630円になりました。

B

2013年2月 7日 (木)

長野電鉄・車内特急券

長野電鉄乗務員発行の車内特急券です。

Photo_2

日付を記入して切り離すタイプのもので、元小田急車の特急ゆけむりの車掌氏から購入しました。
なお、駅でも券売機や窓口で特急券を発売しています。
窓口では硬券を発売していて、特急停車駅以外でも発売している駅があるようです。

2012年11月25日 (日)

岐阜のりかえの特急券

新大阪駅W64発行、新大阪から飛騨古川までの特急券です。

255

新大阪~岐阜はひだ25号、岐阜~飛騨古川はひだ5号の乗り換えとなっています。
両方の座席とも、先頭車の最前列となっています。

ひだ25号の運転区間は大阪~高山で、岐阜~高山は名古屋~飛騨古川のひだ5号と併結運転となりますが、ひだ25号の大垣以西の停車駅から乗車して飛騨古川まで行く場合は通しの特急料金が適用されます。
2列車分が1枚の特急券で発券されていますが、マルスの任意乗継という画面から発券しています。

ところで、岐阜駅には大阪発のひだ25号が到着後一旦扉を閉めて下り方引き上げ線に引き上げ、名古屋発のひだ5号が到着後に25号が再び入線して連結という非常に面倒なことをしていました。
誘導信号機を設置すればこんな面倒な作業も要らないですし、停車時間も減らせそうな気がしましたが…。

2012年10月13日 (土)

サンライズ瀬戸シングル

西予約セU041発行、大阪から東京までのサンライズ瀬戸号の特急券・B寝台券です。

Photo

今回はシングルにしてみましたが、やはりソロに比べて少し広いです。
とはいえ、6時間ちょっとしか乗車時間が無いので、乗ってしまったら寝るだけです。
もう1時間くらい乗車時間があれば、ゆっくり寝れるんですが…笑

2012年10月 4日 (木)

さくら号@エクスプレス予約

西EX予約017発行、新大阪から岡山までの、さくら553号の新幹線特急券(e特急券)です。

Exe

7月下旬にエクスプレス予約で山陽新幹線における、みずほ・さくら・つばめ取り扱いが開始されましたが、ようやく利用する機会ができました。
予約・購入の操作については、普通にのぞみ・ひかり・こだまの時と同じで特に変わったことはありません。
今回はe特急券ですが、EX-ICでも利用可能です。

2012年9月25日 (火)

本郷駅#

西予約セe001発行、福山から新大阪までの新幹線特急券(eきっぷ)です。

Photo

最下段に本郷駅#と表記されているように、本郷駅のMR12型で発券してもらいました。
当時は健在だったMR12型もこの夏に置き換えられたようで、今ではMR32型になっているようです。
何故か自動改札機を使用していませんが、乗車券が非対応だったためで、どんな乗車券かは想像にお任せします(笑)

2012年9月22日 (土)

北近畿タンゴ鉄道・料補

北近畿タンゴ鉄道・野田川駅発行、野田川から新大阪までの特急券です。

Photo_2

福知山乗継で、はしだて6号~こうのとり18号の指定席を利用しました。
なお、記事欄にもあるように野田川から天橋立までは自由席利用で、3列車乗継の特急券になります。
駅名・列車名などハンコが色々常備されているようで、もちろん「こうのとり」もありました。

2012年9月 2日 (日)

近鉄の車発機

近鉄の車内補充券発行機は磁気券を発券できるものが主流でしたが、春頃から新型のものが導入されレシート券が発券されるようになっています。

Photo

以前は車内補充券発行機と特急車内での座席確認の端末の2台を使用していましたが、新型では座席の確認も車発機でできるようになっていて、車掌氏は1台だけ持ち歩けば良いように改善されています。
旅客サイドではレシート券になってしまったため、自動改札機が使用できなくなって一歩後退したような感じです。
一斉に置き換わったのかと思いきや、特急に乗務する車掌氏が新型の車発機を持っていることが多いようで、名古屋線の急行などでは以前からの車発機を使用していたり混在しているような状況のようでした。

より以前の記事一覧