共同使用駅

2015年8月 9日 (日)

和歌山市から加太への乗車券

桜ノ宮駅W1発行、和歌山市から加太までの片道乗車券です。

Img_20140115_0003

和歌山市と加太といえば、南海の和歌山市駅と加太(かだ)駅を連想しますが、今回の着駅は関西本線の加太(かぶと)駅です。
ご存知の方も多いかと思いますが、和歌山市駅は南海が管理する駅でチケッターも南海のものです。

単純に和歌山市と加太の乗車券では南海電鉄線を乗ることはありませんが、今回は橋本~新今宮は南海高野線経由の通過連絡の乗車券にしてみました。
経路をわかりやすく書くと、紀勢本線~和歌山~和歌山線~(和)橋本~南海高野線~岸里玉出~南海電鉄線~新今宮~関西本線~天王寺~大阪環状線内回り~京橋~片町線~放出~おおさか東線~久宝寺~関西本線~木津~奈良線~京都~東海道本線~草津~草津線~柘植~関西本線です。
経路入力で橋本~新今宮を南海高野線経由で入力する時、岸里玉出のところでつまづくことが多いのですが、赤字のように入力すれば解決します。

最後の柘植~加太で特改で車掌が乗務していたら、亀山鉄道部のチケッターを押して貰いたかったのですが券面の通りの結果になりました。
いくつかの駅で途中下車をしていますが、周りの駅が同一規格?のシャチハタを使っているにも関わらず、天王寺と奈良はゴム印を使い続けていました。

2011年7月31日 (日)

南海・三国ヶ丘駅発行のJR乗車券

南海電鉄・三国ヶ丘駅の券売機で購入した、三国ヶ丘から西日本線210円区間の乗車券です。

Jr210

西日本線というのはJR西日本のことです。
三国ヶ丘駅にはJR専用の券売機もありますが、南海の券売機でもJR線の乗車券を購入することが出来ます。
連絡きっぷのボタンを押せば買えるのですが、連絡きっぷと同じ様式で発券されます。

ところで、三国ヶ丘駅にはJR側の改札口と、南海電車なんば方面ホームの改札口がありますが、この乗車券は後者の券売機で購入しました。
この改札口からJR構内へ行くには、南海の改札口から一旦南海の構内に入場して、JR連絡改札口を通ってJR構内へ入るということになります。
改札外にも通路はあるのですが、この駅ではこのようなことが可能になっています。

2010年7月18日 (日)

吉野口駅

吉野口駅は、JR西日本と近畿日本鉄道の共同使用駅です。
窓口・改札はJR西日本・王寺鉄道部の管轄ですが、1番乗り場の吉野方には運転扱いと思われる近鉄係員も常駐しています。
券売機は、JR・近鉄のものが並んで設置されています。

Ts3i0729

近鉄券売機で回数カードは発売できない機種(カードで切符に引き換えは可能)のようで、恐らく窓口で紙の回数券を発売していると思われます。
近鉄の特急券は窓口で発売しておらず、直近の大阪阿部野橋ゆきのみ2番乗り場の自動発売機で発売しています。

乗り場は1番乗り場から5番乗り場まであり、1番乗り場が近鉄・吉野方面、2番乗り場が近鉄・大阪阿部野橋方面、3番乗り場がJR和歌山方面、4番乗り場がJR王寺方面、5番乗り場は使用されていません。
2番・3番乗り場は同じホームにJR・近鉄が発着しますし、構内に中間改札等はありません。

Ts3i0732

上はJR線の駅名板、下は近鉄の駅名板です。

Ts3i0731

JR管理のためか近鉄の駅名板もJR様式ですが、さすがにJRマークはありません。
近鉄の大きい駅の売店では駅名キーホルダーが販売されていますが、この駅のものもしっかりと販売されています。

吉野口駅といえば、青春18きっぷ常備券の発売駅として有名です。
窓口には常備券の写真入りの掲示がありました。
ちなみに7月11日現在では在庫がありました。

※画像をクリックすると拡大します。