JR西日本

2012年3月27日 (火)

大阪天満宮駅のホーム柵

JR東西線・大阪天満宮駅では、可動式ホーム柵の設置工事が行われていますが、2012年3月28日から使用開始予定となっています。
尼崎方面のりばは3月13日から、京橋方面のりばは3月17日から固定柵として設置されていて、暫定的に使用されています。

Ts3i1461

画像は3月22日のホーム柵の様子ですが、まだ工事が完了していないので、列車が停車していなくても扉の部分は開放の状態です。
可動式ホーム柵は、JR東西線では隣の北新地駅に次ぐ導入となります。

2012年2月25日 (土)

金光臨

京都総合運転所583系10連の金光臨です。

Kito583_10ren_niwase_nakasyo_200312

急行「きたぐに」の臨時化後も、このような編成が見られるのでしょうか…。

2012年1月 7日 (土)

区間快速

大阪駅2番のりばで見掛けた、天王寺ゆき区間快速です。

Ts3i1310

奈良方面からの列車なのでアンダーラインが大和路線の緑色の幕が所定の筈ですが、何故かオレンジ色の幕が出ていました。
この日は、奈良駅で京都ゆき区間快速の種別幕が緑色(所定は奈良線用のアンダーライン茶色のもの)を見掛けたりしました。

2011年12月 2日 (金)

こうのとり

西予約セe001発行、こうのとり13号の新大阪から三田までのB特急券(チケットレス特急券)です。

13

こうのとり号は、新大阪~福知山・豊岡・城崎温泉で運転されている特急列車です。
2011年3月改正以前は、北近畿という名称でした。
183系で運転されていますが、この改正以降一部列車は新型車両の287系に置き換えられました。

Fuchi287_konotori

こうのとり13号も287系で運転されている列車で、普段は画像と同じ4両編成です。
1号車はグリーン車と普通車指定席に分かれていて、6番席はグリーン車との仕切りの壁の前の席になります。

2011年11月 5日 (土)

宮原総合運転所205系

2011年3月改正より、205系のJR京都線・神戸線での運用が復活しました。
運用区間は京都~尼崎のみで、平日朝しか営業運転には使用されないようです。
205系0番台は全て日根野電車区で活躍していましたが、7連に組み替えられて宮原所へ転属しています。

Miha205_tsukamoto

登場時から日根野電車区時代までは帯色は青でしたが、207系・321系と同様のカラーに変更されています。
以前活躍していた路線ですので、別に色を変更する必要は無さそうに思いますが…。

時刻通りなら205系同士が並ぶ光景も見られます。
微妙な遅れが発生し易い時間帯ですから、必ず並ぶとは限らないようで…。

Miha205_narabi

2011年6月 8日 (水)

B快速

B快速とは、阪和線で運転されている快速電車の一種ですが、沿線以外の人には知られていないと思われるマイナーな種別です。
市販の時刻表を見ても「B快速」とは書かれていることは無いと思います。
B快速の基本的な運転区間は天王寺~和歌山で、停車駅は堺市・三国ヶ丘・鳳・和泉府中・東岸和田・熊取以遠各駅で、通常の快速が熊取以遠各駅に停車するものになります。
ちなみに、今年3月改正から昼間の紀州路快速の阪和線内の停車駅がB快速と一緒になりましたが、紀州路B快速とは名乗っていません。

B快速は早朝と夜にひっそり走るだけでしたが、今年3月改正から少し増えて朝9時台などにも見られるようになりました。

Hine225_223_brapid

朝の和歌山ゆき2本には、223系または225系が充当されています。
画像では8両編成ですが、日根野駅で後ろ4両は切り離しとなります。

B快速といえば、和歌山発の新大阪ゆきも運転されていますが、こちらも後々紹介していきたいと思います。

2011年5月24日 (火)

青い環状線(2)

2011年1月下旬頃から、森ノ宮電車区103系のうち1編成が青色に変更されて運用に入りました。
表記は「大ヒネ」になっており、日根野電車区への転属を前提にしたものだったようで、予想通り改正前に日根野電車区へ回送されました。

Mori103_blue8ren_2

下の画像はJRゆめ咲線直通列車へ充当された時のものです。

Mori103_blue8ren_forsakurajima

現在は、サハ103を抜いた6連で阪和線で運用されているようです。
また、森ノ宮電車区から日根野電車区へ103系が転属したようで、阪和線でオレンジ色の103系を見る機会が増えています。

2011年5月 4日 (水)

連結面のライト点灯

221系の先頭車同士の連結面ですが、中間に連結されているにも関わらずヘッドライトが点灯していました。

Ts3i1089

どうやら5月1日からJR西日本では中間運転台のヘッドライト点灯が行われているようですが、221系に限らず207系・223系・225系や683系でも見掛けました。
なお、連結されている車両の両側のライトが点灯しています。

こちらは岡山で撮影した115系同士の連結面です。

Ts3i1135

国鉄型でも同様に実施されています。
他社管内へ乗り入れる列車は対象外みたいで、名古屋で見掛けた683系しらさぎは消灯していました。

2010年12月 5日 (日)

225系デビュー

2010年12月1日より、JR西日本225系電車が運用開始しました。
今のところ、琵琶湖・JR京都・JR神戸線(東海道・山陽本線)用0番台と、阪和線用5000番台の二種類が運用されています。
0番台は223系と共通運用ですが、5000番台は221系などの運用を置き換えたようです。
たまたま天王寺で225系5000番台を見掛けたので、先回りして撮影して来ました。

Hine225_5002f_20101205

車内には321系と同様の液晶モニターが付いています。
321系と同じように2台並んで設置されており、左側が停車駅などの案内で、右側はCMが流れるようになっているようです。

24bit01

偶然にも0番台に乗車しましたが、乗り心地は223系より良いです。
「テレビが付いてるから新型や」という声が聞こえたりして、一般の乗客の方も新車ということに気付いていたようです。

※一部、12月15日追記しました。

2010年10月31日 (日)

みまさかスローライフ

岡山気動車区の国鉄色キハ28・58は定期運用こそありませんが、主にイベント用として配置されています。
主に、みまさかスローライフ列車に使用されて来ましたが、11月21日の「ありがとうキハ28・58号」を最後に引退する予定です。
今回は2007年秋に運転された、みまさかスローライフの画像を少しだけ紹介します。

秋なので紅葉をバックに…、と行きたかったのですが一部しか紅葉していません(笑)

Mimasaka_slowlife_chiwa_kawai_20071

現在は違うヘッドマークみたいですが、2007年頃は下のようなものが装着されていました。

Mimasaka_slowlife_chiwa_kamo_200711

途中の停車駅では停車時間が長めに設定されていて、色々なイベントが実施されるようです。
今回で最後の運転にあるとのことで、多くの乗り鉄・撮り鉄が集まりそうですね。

※画像をクリックすると拡大します。